がん保険に関する最新ニュース

「なるほどがん保険」では、がん保険に関するニュースも配信していきます。新しい商品のリリースやリニューアル、保険に関するトラブルなど、気になるニュースをまとめていきます。

最新情報は各ニュースサイトや各社のHP等をご確認ください。

がん保険と診断書の関係性について

いざというときのためにがん保険に加入しているから安心、という人が多いかもしれません。ですが、給付金の請求に必要な医師の診断書の記載内容次第では、もらえる給付金の額が変わってくる可能性があることをご存知でしょうか?

本人ががんの治療を受けたと思っていても、診断書でそれが伝わらなければ保険会社の審査でがんの治療だと判断されないことがあります。最近のがん保険はさまざまな特約があって幅広いがん治療に対応しているため、その治療内容がわかるように記載してもらわなければなりません。

とはいえ、多くの患者さんから診断書の記載を依頼される医師の負担も大きいものです。医師ばかりに責任を押し付けるわけにはいきません。診断書にきちんと必要な情報を記載してもらい、給付金の審査をスムーズにするためにできることを考えましょう。

「がん保険は診断書の内容で給付金の額が変わる」記事詳細

がん保険でも再発したら給付金がもらえないケースについて

がんは再発のリスクを抜きに考えることはできない病気です。再発すると治療が長期にわたることが多くなりますので、治療費の問題に加えて収入が得られなくなるという経済的ダメージは深刻です。

そんなときもがん保険が頼りになりますが、保障内容によっては再発で給付金がもらえないケースがあります。多くのがん保険は初回のがん治療から2年以上経過していなければ、新たに給付金を受け取ることができないからです。

およそ5人に1人が再発するといわれているがん。いざというときに備えてがん保険に加入する場合は、再発の可能性も考えて保障内容をしっかり確認しておく必要があります。がんになってから保険に入り直したり、再発の保障を見直したりすることはできません。

「意外な落とし穴!再発してもがん保険で給付金が出ないケース」記事詳細

がん保険の選び方は年代によって異なる理由について

国内のがん保険の加入率は右肩上がりで、さまざまな商品が出回ったことですっかり私たちの生活に定着したようです。

ところで、いつがん保険に加入すればいいのか悩む人も多いと思われます。若いうちに加入すれば保険料は安くなりますが、がんのリスクが高くなるのは中高年になってからだというデータも。女性特有のがん、乳がんや子宮がんは若いうちでもかかる人は多いので、これも悩みどころでしょう。

がん治療はどんどん進歩していますが、実際にがんになったときに受けたい治療とがん保険の保障内容がマッチしていなければ意味がありません。加入時の年代によって保障内容をどうすべきか、きちんと考えておく必要があります。

「がん保険は年代によって選び方は違う」記事詳細

がん保険がおりないケースについて

せっかくがん保険に加入していても、実際にがんになって給付金を請求しようとしたらおりなかった、というケースもあります。

がん保険にはさまざまな条件があり、免責期間や給付金支給の回数制限、そして見落とされがちなのが「上皮内新生物」という考え方です。本人ががんだと思っていても、保険会社の見解は違う場合があります。最近よく聞かれる、新しいがん治療である免疫療法なども給付の対象にならないこともあるそうです。

単純に保険料の金額だけで決めるのではなく、保障内容をよく確認して加入することが大切と言えます。いざというときの治療費や生活費が保障されなければ、がん保険に加入している意味がありません。

「要注意!内容によってはがん保険がおりないことも」記事詳細

がん保険で適用外になるケースについて

頼りにしていたがん保険のはずなのに、保険金を請求したら適用外だといわれてしまった…こんなトラブルは少なくありません。がん保険は細かい部分まで条件が課せられていることが多いので、加入時にしっかり確認しておかなければ後で思いもよらないことが起きる可能性があります。

抗がん剤特約に入っていたのに内服の抗がん剤は適用外だったり、上皮内がんという早期がんは適用外だったり、こういった思い違いによるトラブルはよくあることです。古いタイプのがん保険であれば入院しなければ給付を受けられないものがありますが、最近では通院でがん治療を受ける場合も多く、保障内容が時代にそぐわなくなっていることもあるでしょう。

とにかくがん保険は保障内容の確認を徹底しなければなりません。大切なポイントは、自分が受けたい治療が保障の対象になっているかどうかです。

「がん保険で適用外になるケースとは?」記事詳細

2020年2月4日:justInCaseが割り勘できるがん保険を提供

割り勘制度を採用したがん保険が発売されています。保険を提供しているのは、スマホの保険やスポーツやレジャーのケガ保険を提供している株式会社justInCaseです。

支払う保険料は保険金の請求があった分のみ。がんの治療にかかった費用をみんなで割り勘するのが「わりかん保険」です。保険金の請求がなければ、保険料も請求されません。割安な保険料で保険の安心を手に入れられます。

中国でもわりかん保険を導入している企業があります。7,000万人を超える契約者がいて、保険料が1回0.1元(約1円50銭)だったことも。日本でもわりかん保険に魅力を感じている方が多くいます。

「がん保険は割り勘できる?」記事詳細

2019年12月07日:富士少額短期保険が「がん」の人しか入れない保険をリリース

富士少額短期保険は「がん治療中」という新しいがん保険の発売をリリースしました。現在がんの人、またはこれまでにがんにかかったことがある人のみを対象とした死亡保険で、満80歳まで申込可能となっています。

申し込むことができるがんの種類が決まっているほか、告知内容によっては引き受けられない場合もあるそうですが、がん患者に向けて特化した内容となっています。がんだけでなく、その他の病気や不慮の事故にも対応でき、これまでがんを理由に保険に加入できなかった方でも検討することが可能です。

2019年11月18日:SBI損保が無料プランと追加補償プランを通販大手ベルーナ会員に提供開始すると発表

大手カタログ通販サイトベルーナ(https://belluna.jp/)の会員向けに、先着20万人に対し「SBI損保のがん保険(無料プラン・追加補償プラン)」を提供するとSBI損保が発表しました。

ベルーナが団体契約者となり、会員に対してお得な保険契約を提供するというもの。受付期間は2020年1月30日まで。

貯蓄型がん保険の特徴とメリット・デメリット

「万が一に備えて、がん保険に入っておきたい。でも、がん保険のほとんどは保険料が掛け捨て…。何だか、お金がもったいない気がする…」という人におすすめのがん保険が、貯蓄型がん保険。がん保障と積み立ての両機能を備えた、とても画期的ながん保険です。

ただし貯蓄型がん保険を途中で解約した場合、解約返戻金が元本を大きく下回ってしまうこともあります。解約のタイミングによっては、掛け捨て型がん保険よりも不利になることがあるので、加入を検討する際には、専門家にしっかりと相談するようにしましょう。

がん保険を、株式や投資信託、債券などと同様の「資産形成の一種」と考えられる方には、掛け捨て型ではなく貯蓄型のがん保険をおすすめします。

「貯蓄型がん保険の特徴とメリット・デメリット」記事詳細

掛け捨て型がん保険の特徴とメリット・デメリット

掛け捨て型がん保険とは、満期が到来したときや途中解約したときに、支払い済の保険料が返金されないタイプのがん保険のこと。解約返戻金が返金される貯蓄型がん保険とは、ちょうど逆のイメージになる保険です。

「お金が戻らないなら貯蓄型のほうが魅力的」と考える人もいるようですが、お金が戻らないからこそ、保険料が割安になっている点にも注目したいところ。加えて、貯蓄型がん保険を途中解約すると、元本を大きく割り込んでしまうリスクがあります。そのため、掛け捨て型と貯蓄型で、一概にどちらが有利かを語ることはできません。

ちなみに、がん保険に加入している現役世代の大半は、貯蓄型ではなく掛け捨て型のがん保険を選んでいます。

「掛け捨て型がん保険の特徴とメリット・デメリット」記事詳細

外資系保険会社のがん保険のメリット・デメリット

外資系保険会社とは、海外に本拠地を置く海外資本の保険会社のこと。日本においても、アメリカンファミリー(アフラック)やチューリッヒ、アクサなど、有名な外資系保険会社が数多く展開しています。

かつての外資系保険会社の大きな特徴は、「保険料が安いこと」でした。同じような保障内容で比較した場合には、確かに日本の保険会社よりも保険料が安い傾向があったようです。

しかしながら最近では、期待するほど大きく保険料が違うわけではありません。がん保険を選ぶときには、保険料の金額だけではなく、保障内容や各種サービスも含めた総合的な視点を持つことが大事。「外資系かどうか」というくくりではなく、各社が提供しているがん保険の「中身」で比較するようにしましょう。

「外資系保険会社のがん保険のメリット・デメリット」記事詳細

新型コロナウイルスに関連してがん患者が注意すべきこと

2020年4月5日現在、新型コロナウイルスのワクチンや特効薬は開発されていません。その一方で、専門家の間では「がん患者は新型コロナウイルスに感染しやすい可能性がある」とも言われています。

新型コロナウイルスの実態に関しては、まだ不明な部分が多いため、明確なエビデンスをもって「がん患者は新型コロナウイルスにかかりやすい」と言うことはできません。しかしながら、がんに罹患していることやがん治療中であること自体、免疫力の低下を招く恐れがあることから、がん患者は、新型コロナウイルスに対して十分な警戒をしておく必要があるでしょう。ご家族など身近にがん患者がいる方もまた、同じように感染予防対策を徹底してください。

「新型コロナウイルスに関連してがん患者が注意すべきこと」記事詳細

がん保険の見直しについて

がん保険に限らず、あらゆるタイプの保険において「保険の見直し」という言葉を目にします。一度加入してしまうと、つい安心して放置してしまう保険ですが、時代も保険も変化・進化を続けている以上、どんな保険であれ定期的に見直すことは大切です。

がん保険においては、「今」の自分のニーズに合っている保障内容かどうか、保障金額の比重が「今」の自分の実態に合っているかどうかなどを基準に、改めて契約内容を見直してみると良いでしょう。

保険を見直すタイミングは、年に1度、同じ日に設定すれば忘れません。たとえば「自分の誕生日の週の週末に担当者に相談する」などとし、保険の見直しを毎年恒例の家族の行事にしてみてはいかがでしょうか?

「がん保険の見直しについて」記事詳細

年収とがん保険の加入率の関係性について

がん保険の加入状況と年収金額には大きな関係があり、年収が400万円以上の方と比較すると年収が400万円未満の方はがん保険の加入割合が低いです。

大きな理由として加入した際に多くの人が感じているがん保険の費用の高さが挙げられるでしょう。しかし、がんが発症すると発症前よりも平均して年収が半額近くになる可能性があります。通院によって仕事の時間が減ってしまうことや、がん治療を続けている間に受ける体の負担で発症前のように仕事ができないことが理由です。

収入が減少すると生活費の支払も難しくなるため、貯蓄が少ない人ほどがん保険に加入しておくべきです。がん保険はプラン内容によって毎月支払う保険料も変動するため、金額と保険内容のバランスをとれば、無理のない範囲でがん保険に加入できます。

「年収とがん保険の加入率の関係性」記事詳細

がん保険の年末控除

がん保険は控除対象のため、年末調整の際に会社へ控除証明書を提出するか確定申告の際に記載することで、収入のうち税金対象となる金額が減ります。2012年の改正から控除対象の生命保険にがん保険が含まれました。申告をしないと余分に税金を支払うことになるため手続きをしておきましょう。

がん保険に加入して毎月の出費が気になるという方も、一部還付金として戻ってくる可能性もあるため負担は減ります。

申告には保険会社が発行してくれる控除証明書が必要なので、無くさずに保管しておくのがよいです。しかしがん保険の保険料として支払った金額全てが控除されるわけではなく、生命保険全体で上限金額が定められています。具体的な金額などを記事の中でご紹介しています。

「がん保険の年末控除」記事詳細

がん保険は海外で利用可能か

海外に行く機会が多い方や長期間渡航する可能性がある方はがん保険が海外で利用できるかが気になるという方もいるのではないでしょうか。

保険会社によって海外でも対象になるかは異なり、一般的には日本と同等の医療施設にて診断を受けたり治療したりした場合が対象です。

今後海外へ拠点を移す可能性がある方は、がん保険を比較する際に保険料や給付金額だけではなく対象条件なども含めて考えましょう。

海外から帰国し治療を受け、日本から申請する方法もありますし、診断された場合の一時金や抗がん剤治療での給付金、いずれが対象になるのか細かい部分も保険会社によってさまざまです。帰国可能な状況かどうか、そして診断時と治療で受け取る給付金のどちらを重視するかを踏まえて選ぶのがポイントです。

「がん保険は海外で利用可能か」記事詳細

がん保険の先進医療特約について

がん保険の先進医療特約は、保険適用とはならない厚生労働大臣が定めた比較的新しい治療を受ける際、高額になりがちな費用をサポートするための特約です。先進医療が提供されるのは特定の施設にて希望をした方のみで誰もが治療対象とは限らないため、必ずしもつけておくといった特約ではありません。

一方で先進医療は一般的な放射線治療よりも体への負担が少ない治療を受けることでがん発症後の生活への影響が減る可能性が高いです。がんは診断されたあとに年収が減る方も多いため備えておくに越したことはありません。

治療の選択肢を広げたい方はつけておくべきですが、毎月の保険料も少し上がるため出費と備えのバランスも考えて検討しましょう。

「がん保険の先進医療特約について」記事詳細

がん保険は老後資金になるか?

老後資金としてがん保険への加入を検討している方もいるかもしれません。しかしがん保険は一般的に貯蓄型ではなく資金を消費する保険です。

がんは診断されると治療や身体に受けるダメージなどで収入が減る場合もある病気でありつつも、多くの人が発症するリスクをもっています。老後資金がなくならないように備える保険と考えてください。

どうしてもがんにも備えて老後資金にもなる保険を探しているという方は、貯蓄型生命保険でがんの特約を付けるという選択肢もあります。しかしがん保険よりも保険料は上がる傾向にあり、発症した際にもらえる給付金の金額や条件も異なります。

毎月支払う保険料や備えておきたい点を踏まえて保険を比較するようにしましょう。

「がん保険は老後資金になるか?」記事詳細