診断給付金とは

診断給付金とは

「診断給付金」とはがんと医師に診断され確定したときに給付金を受け取ることができる保障です。

診断給付金が給付される条件

給付金を受け取ることができる条件は保険各社で異なってきます。ここでは一般的に給付金を受け取るための条件をご紹介します。「診断給付金」は責任開始日の翌日以後に医師にがんと診断され確定したときに給付金を受け取ることができる保障になっています。がんと診断されたが、経過観察になった場合などは支払の対象外となりますので注意が必要です。「診断給付金」には初回のがんの場合と、2回目以降にがんと診断され確定した場合と保障内容が異なる場合があります。悪性新生物のみを支払の対象としている保険や、上皮内新生物も支払対象としている保険があります。

診断給付金の使い道は?

「診断給付金」は「入院給付金」とは違って使用用途の制限がありません。そのため、一時金を受け取り、公的医療保険制度の対象外となる「先進医療」や「自由診療」を受ける際の費用に充てることができます。まとまった一時金を受け取ることができるので、被保険者にとっては、治療に専念ですることができるというメリットが考えられます。

診断給付金の相場

アフラックの「生きるためのがん保険Days1」とライフネット生命の「がん保険ダブルエール」を参考に「診断給付金」の支払金額をご紹介します。アフラックとライフネット生命ともに入院給付金日額10,000円に設定した場合です。アフラックは初回に限りがんと診断され確定したときに「悪性新生物」の場合には500,000円を、「上皮内新生物」の場合には50,000円を給付金として受け取ることができます。ライフネット生命は「悪性新生物」の場合は1,000,000円を給付金として受け取ることができます。「上皮内新生物」に関しては、初回に限り契約時に設定した500,000円~1,500,000円を給付金として受け取ることができます。

診断給付金のチェックポイント

「診断給付金」のチェックポイントは上皮内新生物まで保障しているか、また受け取るには回数の制限があるかです。

支払い回数

支払い回数はアフラックとライフネット生命ともに責任開始日の翌日以後に初めて医師にがんと診断され確定したときに限ります。

保障範囲

保障範囲は「悪性新生物」と「上皮内新生物」の両方で支払いの対象となります。

待機期間

がん保険には、医療保険とは異なり「免責期間」と呼ばれる期間が存在します。「免責期間」は契約が成立してから3ヶ月または90日の保険会社が多いです。「免責期間後」の翌日から「責任開始日」となります。「責任開始日」とは被保険者に保険金や給付金を支払う責任が生じる日のことを言います。したがって、「免責期間内」に入院や手術を受けた場合には支払いの対象外となるので注意が必要です。

ページ監修者(みうさん)

ページ監修者

ペンネーム:みう

大学卒業後、1年間大手保険会社にて損害保険や生命保険と医療保険を取扱う提案営業に従事したのち、ライターに。独学でFP2級(2017年9月)とAFP(2018年3月)を取得し、「保険はよく分からない」を少しでも解消することをモットーにライティングをおこなっています。