今の保険じゃカバーできてないかも…と思ったら

現在加入中のがん保険で良いのかな?と不安に思った方に、がん保険の見直しのメリットと注意点をご紹介します。ひと昔前は一度保険に加入したら、ほったらかしのままという方も多くいました。

近年は保険を見直すことが一般的になってきました。がん治療を含め医療は日々進歩しています。がん保険を見直すメリットは、最新の医療に対応した保障を受けられることです。

万が一がんと診断され治療が始まった時に、ライフステージ(就職・結婚・出産など)により必要な費用が変わってくるので、自分に最適な時期にがん保険を見直すことが大切です。

保険商品の見直しで注目すべきポイントと注意点

がん保険を見直す場合にはどうすればいいのでしょうか。ここではがん保険の見直しで注目すべきポイントと注意点をご紹介します。

がん保険の見直す方法には「現在加入中の保険を解約して新たな保険に加入する方法」と「現在加入中の保険を減額またはそのままで新たな保障を追加する方法」があります。

まず、「現在加入中の保険を解約して新たな保険に加入する方法」についてご紹介します。

注目すべきポイント

  • がん診断給付金や先進医療特約、入院給付金の費用が充実していて必要な費用分を賄えること
    独身の方であればご自身の生活、結婚されている方であればご自身と家族の生活を考慮した保障内容を選択しなくてはなりません。がんの治療費だけでなく、入院によりかかる費用までカバーできる保障が必要です。
  • 最新の医療情勢に対応している保険であるかどうか

がん細胞の赤ちゃんと言われている「上皮内新生物」の段階で早期発見できた場合に一時金(がん診断給付金)が受け取れるか、先進医療特約を付けられるかを確認することも大事です。

注意すべきポイント

  • どの保険会社でもがん保険には90日間の免責期間が設けられています。現在加入中の保険を解約し新たな保険に加入した後、万が一90日以内にがんと診断された場合には、新たに加入した保険から保障を受けられません。新しい保険に加入して、それまで加入していた保険をすぐに解約するのはリスクがあります。
  • 新しい保険に加入する際に、加入時の健康状態によっては審査が通らずに新たに保険に加入できない場合もあるので注意しましょう。

次に「現在加入中の保険を減額またはそのままで新たな保障を追加する方法」についてご紹介します。

加入中の保険に足りない保障を追加する時のポイントと注意点

現在加入中の保険に足りない保障を追加する方法です。最新の医療に対応した保障を必要な分だけ追加したいという方や健康に心配がある方にはメリットがあります。

現在加入中の保険の保険料に追加で保険料がかかるため、ご自身の懐事情に合わせたプラン作りが必要になります。

注目すべきポイント

  • 現在加入中の保障内容で最新の医療技術をどこまでカバーできるかを確認
    先進医療特約は2000年以降から付加できるようになったため、それ以前に加入した保険に入っている方は先進医療特約を付加することをおすすめします。
  • 現在加入中の保障内容を減額または特定の特約を解約し、浮いた保険料で最新の保障を追加する方法

昔の保険に加入している場合、がんで亡くなった場合に給付されるがん死亡保険金が保障内容に入っているケースがあります。

その場合、生命保険に入っていると保障が重複することがあります。必要な保障額を確認した上で減額できるのであれば減額し、浮いた保険料をがんの治療時に使用できる保障に充てることも選択肢の一つです。

注意するポイント

現在加入中の保険の保障内容を把握し、万が一がんと診断され治療する場合、治療費をすべて保険で賄うのか、または高額な治療費だけを保険で賄うのかを選択しましょう。

FPからのコメント

現代は保険に一度加入したらずっとそのままでいいという時代ではありません。人は年齢とも生活環境や健康状態などが変化していきます。それに応じて保険の保障内容を見直すことは当たり前となりました。

この流れは保険一般だけでなく、がん保険にも当てはまることです。しかし、がん保険を見直す際は、現在加入している保険の保障内容を確認することが大切です。人によってはがん保険の見直しによって付けた特約の保障が、実は生命保険の保障と重複していたというケースもあります。

保険の見直しをして保障を手厚くしたと思っていたのに、無駄に保険料を払うことになる事態は避けたいものです。今の自分に最適な保障を受けるため、保険の見直しをして加入しているがん保険を活かすことをおすすめします。