がん保険を知るためにメリット・デメリットを知る

医療費

「そもそもがん保険に加入するメリットはなに?デメリットはあるの?」と、素朴な疑問を持つ人は多いです。結論からいえば、メリットは多く、加入しておいた方が安心です。

がんになってからでは遅いため、加入を視野に、いろいろと勉強することを強くオススメします。ともあれ、メリットとデメリットについて、詳しい説明を以下よりしていきます。

がん保険のメリットは多くある

がん保険に加入しておくメリットは多くあります。

1つは、がんと診断されたときに、まとまった一時金が支払われることです。何かと入用になることも多いため、非常にありがたい内容と言えるでしょう。

他には、上皮内新生物も「がん」と判断して、保険金を支払ってくれることです。他にも、長期にわたって治療をする場合、長期にわたってサポートしてくれる大きなメリットも持っています。

長期治療になった場合、収入が激減してしまうため、このような補償は非常にありがたく、生活にも安心感を与えてくれます。

さらに、貯蓄も可能だということです。がん保険は、貯蓄ができる保険と言い換えることもできます。備えながらお金を貯めて、また備えることができる。まさに一石二鳥ですよね。

最後に紹介しておきたいメリットは、他の保険と比較すると、やはり特化型の保険ということもあり、サポート内容が幅広いです。

一般的な生命保険や医療保険の場合、上皮内新生物は、がんとは判断せず保険金は支払われないケースが多いです。他にも、入院費の額が少なく、もらうことができる回数も少ないケースが多いです。

餅は餅屋と言うように、がんにはがん保険に加入して置いたほうが、多くのメリットを得ることができます。

がん保険のデメリットで知っておきたいこと

がん保険のデメリットは、内容が難しい場合があり理解が追いつかないことがあることです。そして、もう1つは、がんになったとしてもタイミングによっては支払われないケースがあることです。

ただ、前者の内容が難しく理解が追いつかないことに関していえば、がん保険だけのお話だけではなく、金融商品全般に言うことができます。なので、ある意味では割り切ることができますし、頑張れば克服できます。

後者のデメリットは、正直なところ、ただただ運が悪いというしかありません。というのも、がん保険の多くは、加入後90日間は適用することができないからです。

加入したばかりのとき、たまたまがんが見つかったら支払われないケースがあることは頭に入れておきたいところです。