終身がん保険とは

保障期間が決まっている定期型と異なり、一生涯保障が続くのが終身型の特徴です。一生涯、というところで魅力的に見えますが、きちんとデメリットも把握しておく必要があります。ご自身の計画にあわせて、保障タイプを見定められるようにしておきましょう。

終身型がん保険とは?

その名の通り、保障が一生涯続くがん保険です。定期型は10年など保険期間が決まっており、更新の際に保険料の見直しなどが発生しますが、終身型は保険料も一律となっています。また年齢の上限もないため、解約しない限りは保障が続くことになります。

保険料の支払いに関しては、商品や契約によって異なります。保険期間は払い続ける「終身払い」と、一定期間で払い終える「短期払い」があります。短期払いであれば、定年を迎える前に保険料を払い終えてしまい、その後の支払いが不要になるのです。

終身型がん保険のメリット

  • 保険料が上がらない
  • 保障が一生涯続く
  • 短期払いであれば老後の支払いの必要がない

定期型の場合、更新のタイミングで年齢に応じた保険料の見直しが発生するため、保険料が上がるのが一般的です。終身型であれば、その心配はなく保険料は一定となり、何歳であっても保障期間であれば保障を受け取ることができます。

終身型がん保険のデメリット

  • 定期型に比べ、保険料が割高になる傾向がある。(加入年齢によって異なります)
  • 中途解約がしにくい(保険料を無駄にしてしまう)
  • 新しい治療法などに対応していないケースがある

終身型のデメリットとしては、保険料の支払いの部分でしょう。保険期間が長いため、当然ですが定期型に比べて割高になることが多いです。さらに一生涯の保障という点で、基本的に中途解約をしない前提で契約しておくべきなのも重要なポイントです。

また、更新が存在しないため、新しい治療法が保障の対象にならないケースもあります。ここはなかなか予見できない部分ではありますが、30年後の治療法に対応できるかどうかが未知数なのは一つのデメリットとして考えておくべきでしょう。商品によっては、使用目的を問わない「一時給付金」がもらえるものもあるので、そういった給付金で補填していくのは一つのポイントです。

終身型はどのような人に向いている?

老後の不安を減らしておきたい人

がんの罹患率は年齢とともに上昇していきます。つまり、保障が必要になるのも老後になる可能性が高いと言えるでしょう。定期型の場合、一定の年齢で更新ができなくなるため、一生涯の保障を受けることができません。短期払いで保険料の支払いを終えておくことができれば、老後は保険料の負担がない状態で保障を受けることができます。

更新などの手間を省きたい人

終身型には更新が存在しないため、5年や10年といったタイミングで見直す必要はありません。保険選びを面倒に感じてしまう方は、終身型で一度契約してしまえば、一生涯の保障を受けることができるので安心です。