がん保険へ加入する前に知っておきたい上皮内新生物とは?

がん保険を検討しているときに出会うことのある上皮内新生物という言葉。ここでは、上皮内新生物とは何かについて解説します。がん保険を選ぶときのポイントも参考にしてください。

上皮内新生物とは?

上皮内新生物は発生する場所がポイント

上皮内新生物もがんの一種です。上皮内新生物という名前以外に、上皮内がんや上皮内腫瘍と呼ばれることもあります。上皮内新生物に対して、いわゆる一般的ながんが悪性新生物と呼ばれるものです。

上皮内新生物が発生するのは上皮細胞。大腸にできる場合は、粘膜部分にできることもあります。いずれにしても器官の基底膜を超えていません。適切な治療を行うことで、転移や再発のリスクはほとんどないと考えられています。

一方悪性新生物は、基底膜を超えた間質細胞という細胞までがんができている状態。リンパ液や血液によってがんが運ばれ、転移するリスクがあります。

上皮内新生物はステージ0

上皮内新生物は初期状態のがんと言えます。がんのステージでいうとステージ0です。治療を行なわないとがんは進行。ステージが上がっていきます。治療を行うことで、完治できる可能性があります。

がん保険で上皮内新生物は保障の対象外?

保障の対象外とされることがある

再発や移転のリスクが少ない上皮内新生物ですが、がんが進行しないように治療は必要です。がん治療を受けたら給付金の申請をしたいと思うでしょう。しかし、がん保険の保障内容によっては、上皮内新生物は対象外としています。保障されるのは悪性新生物だけです。

たとえば、がんの診断を受けたときに受け取れるのががん診断給付金。使い勝手が決まっていなく、治療はもちろん生活費にあてることも可能です。治療や休養のために会社を休む場合、診断給付金は家計の助けになります。上皮内新生物では診断給付金をはじめ、各種給付金を受け取れないことも。治療費や生活費が負担になるでしょう。

減額して給付金が支給されることも

保険によっては、上皮内新生物でも減額して給付金を支給するものもあります。悪性新生物の給付金に比べると、給付金が約10分の1に設定している保険も。ステージ0のがんとはいえ、上皮内新生物の保障が充実していない保険もあります。

※上皮内新生物と診断されても、悪性新生物と同額の保障が受けられるがん保険も存在します。

上皮内新生物・悪性新生物に関する特約があるがん保険がおすすめ

がん保険を選ぶときは、上皮内新生物の項目もチェックするようにしましょう。がんになってから契約内容を知って、驚くことがないようにするためです。

主契約に上皮内新生物の保障が含まれている保険もあります。その場合も給付金の額を確認しましょう。特約で上皮内新生物の保障を付けられることもあります。保険料が上がる可能性がありますので、保障内容と比較して検討してみてください。