がん保険の契約内容

契約

がん保険の契約内容やチェックすべきポイントについて紹介していきます。

みなさんが知ってのとおり、がん保険という金融商品は多種多様で、どれにしたらよいのか分からないことが多いです。加えて、次から次へと新しい商品が発売されるため、時代の流れに乗っていくのも一苦労です。

ということで、乗り遅れないように、そして支払う保険費用を無駄にしないためにも、ぜひご一読ください。

がん保険とは?をしっかりと理解することが大切

結局のところ、がん保険をしっかりと理解することがすべきことになります。

ハッキリと言ってしまえば、がん保険は、複雑怪奇で理解へのハードルが高いことは間違いありません。この高いハードルを超える努力することが大切というわけです。

何がどうなると保険金が支払われるのか?

がん保険を理解する上で、最も大切にしておきたいことは、やはり「保険金がどのように支払われるのか?」という点になります。

罹患してしまった場合でも、保険金が支払われないケースもあります。しかし、違う保険会社であれば、同様のケースでも支払ってくれる場合もあります。

ここからも、がん保険をしっかりと理解しないといけないことが分かります。

国が補助してくれる治療費はどれだけあるのか?

がん保険の契約内容をチェックする場合、国がどれだけ補助をしてくれるのか?も視野に入れておくことを強くオススメします。理由は単純で、凄く密接な関係にあるからです。

分かりやすい例でいえば、がん治療をする場合、保険適用なのか?適用外の自由診療なのか?という点です。自由診療を視野に入れておくのであれば、手にすることができる保険金を多くしたいため、保険費用が高い内容のものを選ぶことになります。

対して、基本的に国が認可している内容での治療、つまり、保険診療だけで対応するのであれば、少し安めのがん保険に加入しても問題ないわけです。このように、国の補助金をどのように考えるのか?もチェックポイントになります。

がん保険へ入った場合のメリットとデメリット

そもそも、がん保険に加入したら、どんないいことがあるのか?と気になるところですよね。皆が加入しているから、私も加入しておこうというぐらいの気持ちだと、がん保険を上手に活用することはできません。

だからこそ、がん保険のメリットとデメリットについて理解をして、有効活用できるようにしておきたいところです。

まとまったお金が手に入ることがメリット

メリットは、なんと言っても、がんと申告されたとき、まとまった額の保険金を被保険者に支払ってくれることです。

直ちに大手術が必要だとなったときでも、対応ができるわけですから心強いです。ここで支払えないから、手術はできませんとなってしまえば、命に関わることに繋がってきます。

がん初期は、何かとお金がかかってしまうときでもあるため、備えることができるのは精神的にも楽になるというメリットもあるといえるでしょう。

お金が手に入らないケースもあることがデメリット

デメリットは、逆にがん保険に加入していたにも関わらず、保険金が支払われないケースがあるということです。

例えば、加入後90日以内にがん診断された場合は、支払われないというものがあります。これは、単純に加入前にがんと診断されることが分かっている人への対策です。

運悪く90日以内に診断されてしまった人も実際にいますが…こういうルールであることを理解して加入しておく必要があります。

具体的にどのようながん保険に加入したらいいのか?

最終的に、どんながん保険に加入したらよいのか?と気になるところかと思います。1つの判断基準として「長期治療になった場合の補償がどのようになっているのか?」を挙げることができます。

がんの長期治療になってしまった場合、収入が激減する可能性があります。一般的なサラリーマンであれば、国が収入の3分の2を負担してくれるため、ある程度は生活することができますが、それでも足りないのが正直なところです。

こういった部分を補填できるような保険に加入しておくと有利です。