治療給付金とは

治療給付金・通院給付金とは

がんの治療を目的に病院で治療を受けた場合や通院した際に受け取ることのできる給付金になります。

治療給付金・通院給付金が給付される条件

給付金を受け取ることができる条件は保険各社で異なってきます。ここでは一般的に給付金を受け取るための条件をご紹介します。

「治療給付金」には抗がん剤治療やホルモン剤治療を受けた場合など目的を特定して給付される保険とがんと診断され確定し入院するときに給付金を受け取ることができる保険が一般的です。入院・通院に関わらず給付金を受け取ることができるのが特徴です。「通院給付金」については入院の前に通院した場合のみが保障されているタイプや入院前後の通院を保障しているタイプがあります。

治療給付金・通院給付金の使い道は?

「治療給付金」について手術伴い治療である抗がん剤治療や放射線治療を受けるための費用として使うことができます。「通院給付金」についてはがんの治療を目的に手術・放射線治療・抗がん剤治療・ホルモン剤を含む通院をしたときに通院した日数分の給付金を受け取ることができます。

治療給付金・通院給付金の相場

「治療給付金」についてはライフネット生命の「がん保険ダブルエール」を、「通院給付金」については東京海上日動あんしん生命の「がん治療支援保険NEO」の保養内容を例に受け取ることのできる給付金の解説をします。 通院をした場合1日ごとに10,000円を受け取ることができます。

「治療給付金」についてご紹介します。上皮内新生物を含むがんを直接の治療を目的とした手術・放射線治療・抗がん剤治療を受けたとき月に1回10万円の給付金を受け取ることができます。「通院給付金」についてご紹介します。

治療給付金・通院給付金のチェックポイント

「治療給付金」についは、治療の目的ごとに保障を設定している保険もあるので、どの治療までカバーされているのかをチェックすることが大切です。また、「通院給付金」については入院の前後どちらかのみの保障なのか、それとも両方が保障されているのかを確認する必要があるでしょう。

支払い回数

ライフネットの「治療給付金」については支払い回数が無制限です。東京海上日動あんしん生命の「通院給付金」は一回の通院につき45日までの支払い日数制限があります。

保障範囲

どちらの保険についても上皮内新生物と悪性新生物の両方が保障の対象となります。

待機期間

がん保険には、医療保険とは異なり「免責期間」と呼ばれる期間が存在します。「免責期間」は契約が成立してから3ヶ月または90日の保険会社が多いです。「免責期間後」の翌日から「責任開始日」となります。「責任開始日」とは被保険者に保険金や給付金を支払う責任が生じる日のことを言います。したがって、「免責期間内」に入院や手術を受けた場合には支払いの対象外となるので注意が必要です。

ページ監修者(みうさん)

ページ監修者

ペンネーム:みう

大学卒業後、1年間大手保険会社にて損害保険や生命保険と医療保険を取扱う提案営業に従事したのち、ライターに。独学でFP2級(2017年9月)とAFP(2018年3月)を取得し、「保険はよく分からない」を少しでも解消することをモットーにライティングをおこなっています。