がん保険にかんする基礎知識

がん保険の選び方

がん保険を選ぶ時に注目すべき4つのキーワード(診断給付金、治療給付金、がん先進医療給付金、上皮内新生物)を解説します。給付金についてはどんな時に受け取ることができるのか、上皮内新生物についてはどういう状態のことを示し、なぜ注目すべきかをご紹介します。

がん保険の選び方について詳しく見る

先進医療特約って必要?

先進医療とはどのような医療を指すのか、実際に先進医療を受けることになる可能性はどのくらいあるのかを解説します。また合わせて、先進医療を受けることになった場合にかかる治療費の例をご紹介します。

先進医療特約について詳しく見る

今の保険じゃカバーできてないかも…と思ったら

現在加入中の保険に不安を覚えた時に考える保険を見直すという選択肢についてご紹介します。最新の医療に対応できる保険に入ることが出来るなどの保険を見直す際のメリットや、注意点などを紹介します。

保険を見直す選択肢について詳しく見る

がん保険に関するQ&A

がん保険を見直そうと思っている方や現在加入中の保険内容が気になる方が気になること、「健康保険に加入しているのにどうしてがん保険が必要なのか?」などをQ&A形式でご紹介しています。

がん保険に関するQ&Aについて詳しく見る

用語辞典

がん保険を選ぶにあたって知っておきたい用語(化学療法、終身保険、定期保険、セカンドオピニオンサービスなど)を分かりやすく解説しています。

がん保険の用語について詳しく見る

ネット・通販・来店・訪問 がん保険はどこで申し込んだ方が良い?

がん保険に加入する時の方法がいくつかあります。その加入方法のメリット・デメリットを分かりやすくご紹介しています。

がん保険の加入方法ついて詳しく見る

がん保険の種類

保険期間の違いで選ぶ

がん保険には「終身タイプ」と「定期タイプ」があります。保険期間が「終身タイプ」の場合は、一生涯続きます。一方で、「定期タイプ」は一定期間で保障が続くタイプです。
「終身タイプ」はさらに保険料の払いこみ期間で二つのタイプに分かれます。一生涯払い続ける「終身払いタイプ」と短い期間で保険料を払い込む「短期払いタイプ」です。

貯蓄性のあり・なしで選ぶ

がん保険の商品は多くが、掛け捨てですが、「生存給付金」など10年ごとに給付金を貰える商品もあります。この場合、掛け捨ての場合よりも割高になる傾向があるのでご自身の資産形成の計画とも照らし合わせながら選択する必要があるでしょう。

単体型・統合型

がんの治療にかかる費用は金額が高くなるため通常の医療保険だけでは賄えない可能性があります。そこで、医療保険に特約事項としてがん治療に関する保障を単体で準備するか、または、がんになった場合も考えて医療保険の保障をある程度がん治療に備えた統合型で準備する方法があります。

がん治療にかかった費用分だけを保障する保険

最近では、がん治療のための入院期間が短くなっていることからがん治療にかかった分だけを保障してもらえる「実損補填型」という保険も出てきました。これまで、「一日あたりの給付金」が決まっている保険が主流でしたが、手術を終え短期間で退院することも多くなってきたのに対応するために誕生した保険です。

がん保険へ加入する前に知っておきたい上皮内新生物とは?

上皮内新生物とは何かについて解説します。がん保険を選ぶときのポイントも参考にしてください。

がん保険に加入する前に知っておきたい上皮内新生物について詳しく見る