東京海上日動あんしん生命のがん保険

東京海上日動あんしん生命は、東京海上ホールディングスグループの国内生保事業を担う中核企業です。 東京海上日動あんしん生命の会社情報や取り扱っているがん保険を紹介します。

東京海上日動あんしん生命の保険会社情報

東京海上グループの中核保険会社

東京海上日動あんしん生命は、1996年設立で、東京海上グループの一員です。東京海上グループは、東京海上ホールディングスならびに世界に展開する子会社249社および関連会社22社より構成。国内損害保険事業、国内生命保険事業、海外保険事業、金融・一般事業を幅広く展開しており、持ち株会社の東京海上ホールディングスは、東証に上場しています。

2015年3月末時点での保有契約件数は500万件を突破。

2013年から販売のRシリーズは、2018年4月累計販売100万件。

東京海上日動あんしん生命の取扱がん保険

がん治療支援保険NEO

終身

がん診断で2年に1回給付金がもらえる

がん診断されると、一時金が支払われます。悪性新生物と上皮内新生物のどちらにも対応で、2年に1回無制限で支給。がん診断されると、その後の保険料は不要です。入院給付金は無制限に支給。特約をつけると、抗がん剤治療や先進医療にも対応できます。

オプション

  • 悪性新生物初回診断特約
  • 〔放射線治療を含む〕がん手術特約
  • 抗がん剤治療特約
  • がん通院特約
  • がん先進医療特約
  • 悪性新生物初回診断特約
  • 悪性新生物保険料払込免除特則

おすすめポイント

  • 2年に1回最高100万円を無制限でもらえる
  • 抗がん剤治療は1か月に1回10万円
  • 悪性新生物と上皮内新生物のどちらにも対応

東京海上日動あんしん生命 がん治療支援保険NEOの詳細を見る
東京海上日動あんしん生命 がん治療支援保険NEOの口コミ・評判を読む

がん診断保険R(対面販売)

終身

使わなかった保険料が戻るタイプの保険

払い込んでも使わなかった保険料を戻ってくる新しいタイプのがん保険。70歳までに診断給付金を受け取らなかったら、保険料は健康還付給付金として、全額戻ってきます。給付があった場合でも、その差額が戻ります。主契約で、2年に1回診断給付金が回数無制限で支給。

オプション

  • がん入院特約
  • がん通院特約
  • 〔放射線治療を含む〕がん手術特約
  • 抗がん剤治療特約
  • がん先進医療特約
  • 悪性新生物初回診断特約
  • 指定代理請求特約

おすすめポイント

  • 掛け捨てでないがん保険
  • 診断給付金をもらわなければ、全額戻ってくる
  • 悪性新生物と上皮内新生物のどちらにも対応
  • 2年に1回診断給付金が最高200万円無制限で支給

東京海上日動あんしん生命 がん診断保険Rの詳細を見る

がん保険の給付金
比較ランキングをチェック

東京海上日動あんしん生命が選ばれる理由

東京海上グループの安心と契約者向けーサービス

契約者の声として、大手の保険会社なので安心感があるという意見がありました。依頼内容についても的確でスピーディな処理対応が、ネームバリューだけではない信頼感と安心感につながっているようです。

2016年には、「メディカルKit NEO」が、「2016年オリコ ン日本顧客満足度ランキング 医療保険」1位を獲得。

また、契約者向けサービスとして、24時間365日現役の「救急専門医」と経験豊富な看護師が健康をサポートするメディカルアシスト。がんと診断された契約者と家族が利用できるがんお悩み相談訪問サービス。人間ドック・脳ドック・がんPET検診を紹介してくれるサービス。高齢者の生活支援や介護相談ができる介護アシストなどを提供しています。

がん保険以外の商品

メディカルKit NEO

「メディカルKit NEO」は病気などで入院した場合、手厚く保障してくれる保険です。たった1日の入院でも10日分の給付をもらえますし、3大疾患による入院は支払日数無制限なので安心。手術内容によっては、より一層しっかりとサポートしてもらえます。また、死亡保険金を受け取るタイプで契約すると、一生涯保障が続きます。

「重度5疾病・障害・重度介護保障特約」をプラスすると、5疾病、所定の障害状態や要介護状態になってしまい勤務できなくなった場合、給付金をもらうことが可能です。その他「女性疾病保障特約」や「先進医療特約」をつけて、保障をもっと手厚くすることができます。

家計保障定期保険NEO

「家計保障定期保険NEO」は、万が一の場合に備えるための定期保険です。死亡や高度障害状態になってしまった場合、家族の生活費をしっかりとサポート。過去1年間タバコを吸っていない方は保険料が安くなります。

また、5疾病・障害・重度介護家計保障特約をプラスすることで、5疾病による入院や仕事ができなくなった場合や、病気などで所定の障害状態や要介護状態になった場合は給付金を受け取ることが可能です。

特定疾病・障害・重度介護保険料払込免除特則を付加すると、所定の疾病状態や障害状態、要介護状態になってしまった場合、保険料が免除されます。

5年ごと利差配当付こども保険

「5年ごと利差配当付こども保険」は、子どもの教育費をカバーしてくれる保険です。子どもの進学のタイミングで祝金をもらえます。

万が一契約者が死亡、もしくは高度障害状態になってしまった場合には、養育年金を毎年受け取ることが可能。それから万一子どもが保険期間中に死亡した際も、保険金や給付金が支払われます。出生前加入特則をプラスすることで、出生予定日が140日以内である場合は加入することが可能です。

東京海上日動あんしん生命の成り立ち

1996年、東京海上日動の子会社として東京海上あんしん生命保険株式会社が設立されましたが、2003年に日動生命保険株式会社と合併することで、東京海上日動あんしん生命株式会社へと社名変更しました。2014年には東京海上日動フィナンシャル生命保険株式会社を吸収合併。

メディカルkitと呼ばれる医療保険、あるく保険、がん診断保険R、長割り就寝、家計保障定期保険など様々な保険商品を用意。生命保険事業を通して「あんしん」を提供すること、さらには企業市民として地球環境や人権尊重、コンプライアンスなどの社会貢献もと考えています。2019年3月31日現在で従業員は2,617名を数えます。