三井住友海上あいおい生命のがん保険

三井住友海上あいおい生命の会社情報や取り扱っているがん保険を紹介します。

三井住友海上あいおい生命の保険会社情報

MS&ADホールディング傘下の保険会社

三井住友海上あいおい生命は、2011年設立でMS&ADホールディングス傘下の企業です。以前の住友海上ゆうゆう生命と三井みらい生命が合併し、2001年三井住友海上きらめき生命が設立。大東京しあわせ生命と千代田火災エビス生命が合併し、2001年あいおい生命が設立。その後、2011年に2社が合併し、現在の三井住友海上あいおい生命に。

MS&ADホールディングスは、直接出資している5つのグループ国内保険会社(三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、三井ダイレクト損保、三井住友海上あいおい生命、三井住友海上プライマリー生命)と8つの関連企業を有する上場持株会社です。

三井住友海上あいおい生命の取扱がん保険

&LIFE ガン保険スマート

終身

1年ごとに無制限でもらえる治療給付金

基本保障の入院給付金と手術給付金は、支払い日数無制限。オプションでがん診断・抗がん剤・通院治療・先進医療など、必要な保障をつけることで、がん治療をしっかりサポート。&LIFE ガン保険スマートの先進医療特約は、先進医療の技術料だけではなく、交通費や・宿泊費用も支払われます。上皮内新生物も同額保障。

オプション

  • ガン先進医療特約(無解約返戻金型)
  • ガン診断給付特約(無解約返戻金型)
  • ガン治療通院給付特約 (無解約返戻金型)
  • 抗ガン剤治療給付特約(無解約返戻金型)
  • ガン退院療養給付特約(無解約返戻金型)
  • ガン死亡保障特約(無解約返戻金型)

おすすめポイント

  • がん診断されると、一時金が最高200万円
  • 抗がん剤治療は月に1回最高20万円もらえる
  • 上皮内新生物も同額保障
  • 先進医療特約で宿泊・交通費用も保障
  • 基本保障に必要なオプションをカスタマイズ

三井住友海上あいおい生命 &LIFE ガン保険スマートの詳細を見る
三井住友海上あいおい生命 &LIFE ガン保険スマートの口コミ・評判を読む

がん保険の給付金
比較ランキングをチェック

三井住友海上あいおい生命が選ばれる理由

2商品が日経トレンディ「TRENDY認定大賞」獲得

日経トレンディ2019年5月号「得する保険・相続・教育費」において、「&LIFE新医療保険Aエースプレミア」「&LIFEガン保険スマート」がそれぞれ医療保険部門、がん保険部門の「TRENDY認定大賞」を獲得。ファイナンシャルプランナーや保険に詳しいプロ10人から選ばれました。選ばれました。また、2019年オリコン顧客満足度調査においても、「医療保険」第1位に選ばれています。

&LIFEガン保険スマートの1年ごとに無期限で支払われる診断給付金など、「充実した保障と、必要な保障をオプションで選べる」ところや、上皮内新生物も同額保障、どのがん保険にもある先進医療特約に、交通費や宿泊費を含めているところなどが、保険を選ぶ際の理由につながっているといえます。

がん保険以外の商品

新医療保険Aプレミア

「新医療保険Aプレミア」は将来の病気や入院に備えたい方にぴったりの保険です。日帰り入院から手術までしっかりサポートしてくれます。

心疾患や高血圧症疾患などの八大疾病で入院した場合、支払限度日数無制限で給付金をもらうことが可能です。また女性疾病給付特約をプラスすることで、女性特有の病気になってしまった場合は、より一層手厚いサポートを得ることができます。

「新医療保険Aプレミア」にはAの基本プラン、Bの三大疾病保障充実プラン、Cの女性疾病保障充実プラン、Dの介護保障充実プランがあり、これら4つのプランからお好きなプランを選択することが可能です。(B~DにはAの基本プランが含まれています。)

終身保険(低解約返戻金型)

「終身保険(低解約返戻金型)」は万が一の場合に備えた死亡保険です。契約者が死亡、もしくは高度障害状態になってしまった場合は一生涯保障が続きます。また解約返戻金を受け取ることができますので、老後の資金への備えとして活用することが可能です。

申し込みの際は告知書を提出するだけでOK。医師により診察してもらう必要はありません。契約者が余命6か月以内と診断された場合、保険金の一部、もしくは全額を受領することができます。

こども保険

「こども保険」は子どもの教育費のサポートをしてくれます。

幼稚園から大学まですべて公立に通ったとしても、教育費のトータル金額は子ども1人あたり1,000万円以上。したがって、教育費の計画的な準備や万が一に備えて、「こども保険」はおすすめの保険です。子どもが進学する度に祝金がもらえますので、教育資金に活用することができます。

また契約者が万が一死亡、もしくは所定の高度障害状態になってしまった場合は、保険期間満了まで年金を毎年受け取ることが可能です。保険料も支払う必要はありません。医療特約をつけることで子どもの病気やケガを手厚くサポートしてくれます。

三井住友海上の成り立ち

三井住友海上あいおい生命保険会社が設立されたのは2011年。決して「新規参入業者」ではなく、三井住友海上きらめ生命保険株式会社とあいおい生命保険株式会社が合併することで誕生しましたが、実は両者共に合併して誕生した保険会社。三井住友海上きらめき生命保険株式会社は住友海上ゆうゆう生命保険株式会社と三井みらい生命保険株式会社が1996年に合併。あいおい生命保険は大東京しあわせ生命保険株式会社と千代田火災エビス生命保険株式会社が1996年に合併。つまりはトータルで4社が合併していることになります。
株主はMS&ADインシュアランス グループ ホールディングス株式会社が出資比率100%。総資産は2018年度末で4兆2,296億円となっています。