ライフネット生命のがん保険

ライフネット生命の会社情報や取り扱っているがん保険を紹介します。

ライフネット生命の保険会社情報

業界初!「保険料の中身」を開示している会社

ライフネット生命は2008年に設立されたオンラインの生命保険会社です。業界では初めて、保険料も中身を開示。保険料は付加保険料と純保険料とで構成されていますが、付加保険料は保険会社の「手数料」です。オンライン上で申し込みができるようにしたことで、人件費や店舗費用を抑えており、よりよい商品を安く提供する工夫を追求しています。2012年3月には東京証券取引所マザーズ市場に上場。2019年1月には、保有件数が30万件になっています。

ライフネット生命の取扱がん保険

がん保険 ダブルエール

終身/定期

わかりやすい3つのプラン

シンプルプラン・ベーシックプラン・プレミアムプランの3つがあり、それぞれにがん先進医療の保障をつけることができます。基本保障でがん診断されると、一時金が支払われます。上皮内新生物の場合も、診断されると一時金は50%支払われます。このシンプルプランに治療給付金をプラスしたのがベーシックプランで、治療給付金と収入保障給付金をプラスしたのが、プレミアムプランです。

オプション

  • がん先進医療特則

おすすめポイント

  • 3つのわかりやすいプラン
  • がん診断給付金は最高300万円
  • ベーシックプランとプレミアムプランは、がん診断されると以後の保険料免除
  • 治療給付金は月に1回10万円が無制限

ライフネット生命 がん保険 ダブルエールの詳細を見る
ライフネット生命 がん保険 ダブルエールの口コミ・評判を読む

がん保険の給付金
比較ランキングをチェック

ライフネット生命が選ばれる理由

保険のプロからの高い評価

ライフネット生命は、各雑誌やランキングにおいて保険のプロから高い評価を得ています。「日経トレンディ」2019年5月号「得する保険・相続・教育費」特集のがん保険部門において「プロが入りたいNO.1」の評価を獲得。カカクコム・インシュアランス主催の「価格.com保険アワード2019年版」において、「ダブルエール」が総合第3位を獲得。

また、口コミの声で多かったのは、他社と比較して、保険料が格段に安かったというもの。保険の見直しを行っても、他社に切り替えたとしても、現状の保険料を下回るものはないという意見もありました。

周りの評判がとてもよい。インターネットでも検索がわかりやすい。コールセンター対応も的確でわかりやすいなどの意見も多く、安さだけでないところも選ばれている点です。

保険金・給付金の支払いも書類到着から原則5営業日以内、最短2日で振り込みすることを謳っているだけあり、営業日数換算平均2.52日で対応しています。

がん保険以外の商品

定期死亡保険「かぞくへの保険」

「定期死亡保険「かぞくへの保険」」は遺された家族のための死亡保険で、2019年価格.com保険アワードの生命保険の部にて第一位に輝きました!掛け捨ての保険で健康診断書も必要なく、インターネット上で申し込みができます。

安い保険料が魅力で、保険金が1,500万円(保険期間が10年)で契約者が30歳の男性の場合、毎月の支払額は1,477円。また、保険金額や保険期間は自分の希望に合わせてカスタマイズできます。保険金額については500万円~1億円の間で、100万円単位で選ぶことが可能です。

保険期間に関しては、10年、20年、30年の年満了タイプ、それから65歳まで、80歳まで、90歳までの歳満了タイプの6つの種類から選べます。

終身医療保険 「じぶんへの保険3」

終身医療保険 「じぶんへの保険3」は、入院から手術までを生涯しっかりサポートしてくれる医療保険です。2種類のコースより選ぶことが可能で、「おすすめコース」はガンや3大生活習慣病をカバー。「エコノミーコース」は入院や手術をカバーしてくれます。

どちらのコースも共通して日帰り入院を含む入院や、公的医療保険制度の給付対象となる手術など(入院の有無に関わらず)をしっかり保障してくれるので安心です。さらに「おすすめコース」では、先進医療も手厚くサポート。本来は全額自己負担である技術料を、通算2,000万円まで保障してくれます。

就業不能保険「働く人への保険2」

「就業不能保険「働く人への保険2」」は病気などが原因で、長期間に渡って働けなくなった場合に備えた保険です。

万が一病気やケガをしてしまった場合、公的保障のみでは不十分なことも。その際に支えとなってくれるのがこの「就業不能保険「働く人への保険2」」で、契約者が働くことができなくなった場合、毎月給付を受け取ることができます。

給付金額や給付金の受け取り方も、ニーズに合わせて自由に設定することが可能です。それから高度障害状態になってしまった場合に関しては、一時金をもらうことができます。

ライフネット生命の成り立ち

2006年に生命保険準備会社として「ライフネット企画株式会社」が設立されると、2008年にライフネット生命保険株式会社に商号変更。その後生命保険業免許を取得し、営業を開始。2009年には日本で初となるケータイサイトでの保険申し込みサービスを開始すると、2009年には保有契約が1万件を突破。就業不能保険、ゼクシィなびカウンターを通じた保険販売など多角的な戦略が功を奏し、2010年には5万件、2011年には10万件の保有契約を達成。

2012年には東京証券取引所マザーズに上場すると、2013年には業界初となるスマートフォンからの生命保険申し込みサービスを開始。2013年のグッドデザイン賞も受賞しました。