アクサダイレクトのがん終身

アクサダイレクトのがん終身はシンプルな保険内容と、かなり安い保険料で人気のがん保険です。どういった内容になっているのでしょうか。保障内容や保険料、特徴やデメリット、どんな人に向いているかなどをご紹介していきます。

アクサダイレクトのがん終身の保険商品情報

保障内容

診断給付金 1,000,000円
※初回のみ
入院給付金 10,000円/日

※基本保障のみ がん入院給付金10,000円の場合

アクサダイレクトのがん終身は、基本契約の保障内容自体は、診断給付金と入院給付金のみという非常にシンプルなものとなっていますが、保険料が一生上がらない終身タイプとしては保険料が割安であることが魅力です。

給付金の金額についても、がん入院給付金10,000円で契約した場合、がんの確定診断を受けた際の診断給付金はその100倍、つまり100万円というじゅうぶんな金額の一時金を受け取ることができます。

診断給付金は保険契約期間中1回限りの給付という制限はありますが、他のがん保険では診断給付金の対象外となるケースも少なくない上皮内新生物についてもきちんと保障対象となっており、入院給付金に関しては入院1日目から受け取ることができ、しかも入院日数には制限がありませんので安心感が高いです。

特約

抗がん剤治療特約 100,000円/月通算60回まで
がん手術給付特約(終身型) 100,000円/回
がん先進医療特約(技術料の実費) 通算5,000,000円まで
がん退院療養特約(終身型) 100,000円/回
女性がん入院特約 入院給付金日額と同額/日
がん無事故給付特約 50,000円または100,000円/3年
がん診断後の保険料払込免除 なし

アクサダイレクトのがん終身は、基本契約内容自体は非常にシンプルですが、その代わりに特約の種類が充実しており、自分好みのがん保険にカスタマイズしやすいというメリットがあります。

がんの3大治療法として挙げられるのが手術と放射線治療、そして抗がん剤ですが、がん手術給付特約で手術費と放射線治療費をカバーすることができ、抗がん剤治療特約で抗がん剤治療費をカバーすることができます。

さらに先進医療費を通算最大500万円までカバーしてくれるがん先進医療特約や、退院後の療養のための費用をカバーできるがん退院療養特約、女性特有のがんである乳がん、子宮頸がん、卵巣がんをより手厚くカバーできる女性がん入院特約などもあり、自分にとって必要と思える保障をムダなく選ぶことができるのが大きな強みです。

また、がん無事故給付特約をつければ、3年間がん保険の給付金支払いが生じなかった場合には50,000円または100,000円の祝金を受け取ることができます。

サポートサービス

  • セカンドオピニオン無料
  • 総合相談医によるセカンドオピニオン無料。必要に応じて専門臨床医の紹介も
  • 医師や看護師などの相談無料。育児相談・医療機関の案内も

アクサダイレクトのがん終身加入者に対してのサポートサービスの中でも特に注目したいのが、各専門分野の総合相談医に相談できるセカンドオピニオンサービスです。

治療法の変更が必要と判断された場合は、その治療法に最適と思われる優秀な専門臨床医を紹介してもらうことができて、さらに紹介状の作成も無料でおこなってもらえます。

がん治療の手段が多様化している現在、より納得のいく治療を受けたいと考えている人にとっては非常に頼もしいサービスですね。

他にも、24時間365日対応で医師や看護師に健康相談ができるというサポートも受けられます。健康トラブルに関する対処法のアドバイスだけでなく、育児相談や医療機関の案内などもしてくれますので安心感が高く、しかもこちらの相談サービスについては、保険加入者だけでなく同居の家族も利用できるという点が嬉しいポイントです。

年代別の保険料

25歳男性 1,420円
26歳男性 1,480円
27歳男性 1,530円
28歳男性 1,590円
29歳男性 1,650円
30歳男性 1,710円
31歳男性 1,780円
32歳男性 1,850円
33歳男性 1,930円
34歳男性 2,000円
35歳男性 2,080円
36歳男性 2,170円
37歳男性 2,260円
38歳男性 2,350円
39歳男性 2,450円
40歳男性 2,550円
41歳男性 2,660円
42歳男性 2,780円
43歳男性 2,900円
44歳男性 3,020円
45歳男性 3,150円
46歳男性 3,280円
47歳男性 3,420円
48歳男性 3,560円
49歳男性 3,710円
50歳男性 3860円

アクサダイレクトのがん終身はこんながん保険

シンプルでお手頃な保険

基本保障内容が入院給付金と診断給付金のみ、シンプルながん保険となっています。保険料は割安なのに診断給付金は入院給付日額の100倍という、充実した一時金となっています。

初期でもどの段階のがんでも、またどの部位のがんでも、診断確定されたその日からしっかりカバーしてくれます。悪性新生物だけでなく、上皮内新生物でも給付金は満額受け取ることができるものメリット。上皮内新生物は対象外、という保険もある中、これは充実した保障内容と言えるでしょう。

特約も充実しており、「がん無事故給付金特約」や「がん退院療養特約」「女性がん(入院・診断)特約」など豊富。
がんと診断されてからがんの入院、がんの治療、療養のための退院、それぞれの場面で給付金が受け取れるのは、治療に専念できるありがたいポイントですね。

デメリット

がん診断給付金が1回のみ

がんと診断されたときにもらえる保障、がん診断給付金。ほかの保険会社では2年に1回、または1年1回を限度に何回でも、または通算〇回まで、という風に期間はあるものの数回~無制限で利用できる仕組みになっているところが多いですが、アクサダイレクトのがん終身は最初の1回のみとなっています。

がん先進医療特約の設定金額が安い

がん先進医療給付金においての通算5,000,000円までというのは、治療費が非常に高先進医療において、安い印象があります。ほかの保険会社では通算20,000,000円まで保障、というところが一般的なので、この点もデメリットとなるでしょう。

終身払いしかない

60歳払済や65歳払済という他の保険に比べ、終身払いだと定年を迎えて老後の収入が少なくなっても、一生払い続ける必要があります。

保険料払込免除の特約がない

「がんになった場合は以後の保険料払い込みが免除になる」保障がないため、がんになって収入が減ったとしても同じ保険料を払い続けなくてはなりません。

アクサダイレクトのがん終身の見積もり・ネット申し込みの手順

見積もりに必要な入力情報

アクサダイレクトのがん終身見積もり画面1
参照元:アクサダイレクト生命(https://www.axa-direct-life.co.jp/res/lifeweb/simulator.html)
  • 生年月日
  • 性別

見積もり画面

アクサダイレクトのがん終身見積もり画面2
参照元:アクサダイレクト生命(https://www.axa-direct-life.co.jp/res/lifeweb/simulator.html)

上記の2つを入力すると、すぐに見積もり画面が表示されます。初期設定画面での入院日額給付金は10,000円ですが、ほかにも5,000円、15,000円、20,000円のいずれかから任意で選択が可能。保険期間は「終身」、保険料払込期間は「一生涯」が初期設定となっており、こちらは変更ができません。

オプションについて

アクサダイレクトのがん終身見積もり画面3
参照元:アクサダイレクト生命(https://www.axa-direct-life.co.jp/res/lifeweb/simulator.html)

「抗がん剤治療給付金」、「がん手術給付金・がん先進医療給付金・退院後療養給付金」の2つからオプションで特約を付けることができます。後者は3つ給付金がセットになった特約なので、それぞれを別々で申し込むことはできません。

40歳男性の保険料見積もりシミュレーション

コース名 月々の保険料
入院1日5,000円 1,575円
入院1日10,000円 3,150円
入院1日15,000円 4,725円
入院1日20,000円 6,300円

申し込み方法

アクサダイレクトのがん終身見積もり画面4
参照元:アクサダイレクト生命(https://www.axa-direct-life.co.jp/res/lifeweb/simulator.html)
アクサダイレクトのがん終身見積もり画面5
参照元:アクサダイレクト生命(https://www.axa-direct-life.co.jp/res/lifeweb/simulator.html)

見積もり画面の上、または下にある「試算内容を確認する」をクリニックします。登場した画面で見積もり内容を改めて確認し「次へ」をクリック。個人情報の取り扱い等のボックスをチェックし「次へ」をクリック。表示された画面に個人情報を入力のうえ、契約へと進んでください。

アクサダイレクトのがん終身はこんな人におすすめ

とにかく保険料を安く抑えたい
シンプルな保険を探している

保険料が他に類を見ないと言っていいくらい安いため、とにかく保険料を安く抑えたい、という人におすすめ。

シンプルな内容の保険なので、あまりいろいろと特約をつけたくない、必要ないと思っている人、また、一時的に保障を付けたい、という人に向いている保険です。

アクサダイレクトのがん終身に加入した方からの評判を読む

重要事項説明書の要約

保険に加入する以上、どのような保険なのか?をよく知っておく必要があります。その内容は重要事項説明書と呼ばれる冊子に細かく記載されているため熟読していけば理解することが可能です。

ここでは、内容をかいつまんで要約をしておくため、参考にしてみてください。

冊子の構成について

大まかには、商品の仕組みを説明し、どんな状況のとき、どのような支払いが被保険者に行われるのか?を順に説明をしていく構成となっています。

本契約した保障内容をベースに、その後、各種特約の細かい説明がされています。最後は、死亡時の取り扱いなど、少し細かい内容をさらっと流しているイメージです。ただし、保険料や給付金などのメインとなる内容は別紙として細かく改めて説明されています。

払込は免除について細かく記載されている

払込に関しては、10年払込む必要と終身で払込む場合と分けて記載されています。

契約内容によって変わるだけなので、難しい話ではありません。ここで重点的に記載されているのは、がんになった場合、この払込がどのような条件で免除になるのか?という点になります。

免責事項も設定されているため、ここは熟読しておく必要があります。例えば、保険に加入するときに虚偽報告が合った場合、免責事項とされ払込免除はされなくなってしまいます。他にも、免除できる場合と免除ができない場合がいろいろとあるため、しっかりと理解をしておきましょう。

支払いは条件やタイミングの話題が中心

がんが発覚し診断確定となった場合、即座に支払いされる給付金があったり、がんの手術を行ったことで支払いされる給付金があったりと、さまざまな支払いのタイミングがあります。

ただし、がんとなったにも関わらず契約外の状況で支払いがされないことも事実です。最たる例は、死亡時です。被保険者が死亡してしまった場合は、給付金は支払われず契約も消滅することになっています。なかなか酷と感じるかもしれません。ですが、重要事項説明書にしっかりと記載されており、それを了承して契約することになるわけです。

もし受け入れることができないのであれば、契約をしないでよいだけです。ともあれ、細かく支払い条件や、いつ支払われるのか?のタイミングが特約ごとに記載されています。

手続きに関するお話は「契約のしおり」にて記載

重要事項説明書には、手続きに関するお話は少ないです。敷いて言えば、保険が強制解除となった後、再度加入するための手続きについて少し触れている程度です。