女性のがんにも手厚い生きるためのがん保険Days1

生きるためのがん保険Days1のレディースプランは、女性のがんに手厚い保障が豊富にある医療保険です。どういった内容になっているのでしょうか?ここでは、保障内容や保険料、特徴やデメリットなどをご紹介していきます。

生きるためのがん保険Days1レディースプランの保険商品情報

保障内容

診断給付金 500,000円※初回のみ
入院給付金(一時金) 10,000円/日
特定診断給付金 500,000円※初回のみ
手術治療給付金 200,000円/回
放射線治療給付金 200,000円/回
通院給付金 10,000円/日
抗がん剤治療給付金 100,000円※治療を受けた月ごと
ホルモン剤治療給付金 50,000円※治療を受けた月ごと
がん先進医療給付金 更新後の保険期間を含めて通算20,000,000円まで
がん先進医療一時金 150,000円/回
複数回診断給付金 500,000円/回
特定保険料払込免除 免除事由に該当後の保険料が免除
女性特定ケア給付金 200,000円/回
乳房再建給付金 500,000円/回

※レディースプラン入院給付金日額10,000円の場合

生きるためのがん保険Days1 レディースプランはがんの診断、入院、通院、がん治療による手術や放射線治療、抗がん剤治療、再発などをサポートしてくれる保険内容に、女性特有のがんに対する保障を上乗せしたものです。

診断給付金が500,000円、入院給付金が1日につき10,000円、特定診断給付金が初回のみ5000,000円、さらに手術、放射線治療などに対してもその都度200,000円が給付されます。

乳房観血切除術や子宮全摘出術、卵巣全摘出術など女性特有のがんの治療を目的とする手術を行った場合はその都度200,000円が給付されます。

さらに乳房を再建する手術を受ける場合は500,000円の給付金を受けることができます。健康保険の適応外である先進医療による治療を受けた場合も、自己負担額と同額の給付金を通算2,000万円まで受け取ることができます。

先進医療の一時金としては1年間に1回のみという制限はありますが、150.000円を受け取ることができます。また、がんの治療が長引いたことによって収入が減少してしまった場合、特定保険料払込免除の条件に則って以後の保険料を支払わずに済むケースもあります。

特約

外見ケア給付金 顔・頭部の手術、手足の切断術200,000円/回
頭髪の脱毛症状100,000円
※1回限り
緩和療養給付金 50,000円
※治療を受けた月ごと
がん診断後の保険料の払込免除 特約付与が条件

生きるためのがん保険Days1 レディースプランではとくに外見ケア給付金や緩和療養給付金の特約が手厚くなっています。外見ケア特約、緩和療養特約をプラスして、よりがん治療としっかり向き合い、また自分らしく生きる方法を探していきましょう。

抗がん剤による脱毛症状に対しては100,000円が1回のみですが給付されます。この給付金をウィッグなどの購入費用に充てることができます。

また、顔や頭部の手術、手足、切除手術などは、1回につき200,000万円が給付されます。抗がん剤によって肌がひどく荒れてしまった場合などの手術費用に充てることができます。

また、緩和療養給付金とは、がんによる痛みの緩和を目的とする治療を受けた際に支払われる給付金のことです。特約給付金額が50,000円の場合、治療を受けた月ごとに50,000円を受け取れます。これは入院治療、在宅治療に関わらず受け取ることができます。

サポートサービス

  • 訪問面談サービス(フォローコール付)無償
  • 専門医紹介無償

生きるためのがん保険Days1 レディースプランのプレミアサポートの中には、訪問面談サービスと専門医紹介サービス、ベストドクターズサービスが無償で含まれています。がんに対する専門的な知識を持ったがん患者専門カウンセラーが保険加入者の状態や悩みを聞きに、病院、また自宅に訪問します。その際に本人だけでなく家族の悩みの相談にも乗ってくれます。

がん患者専門カウンセラーは、がんの説明や治療方法の提案、日常生活における悩みの解消方法などを提案してくれます。一人で悩みを抱え込まずに、より気軽に相談し、また解決に向けて選択することができるようになります。

訪問面談サービスと専門医紹介を併用することが可能です。評価の高い医師や患者の状態に合いそうな医師を紹介してくれるので、セカンドオピニオンを受けたいというときにも役立ちます。今の治療方法に限界を感じている、他の医師の見解も聞いてみたいという場合には是非活用してみてください。

年代別の保険料

25歳女性 3,026円
26歳女性 3,117円
27歳女性 3,207円
28歳女性 3,307円
29歳女性 3,442円
30歳男性 3,558円
31歳女性 3,718円
32歳女性 3,840円
33歳女性 4,007円
34歳女性 4,185円
35歳女性 4,398円
36歳女性 4,570円
37歳女性 4,798円
38歳女性 5,026円
39歳女性 5,210円
40歳女性 5,430円
41歳女性 5,595円
42歳女性 5,815円
43歳女性 5,979円
44歳女性 6,173円
45歳女性 6,333円
46歳女性 6,521円
47歳女性 6,647円
48歳女性 6,830円
49歳女性 6975円
50歳女性 7,111円

生きるためのがん保険Days1レディースプランはこんながん保険

女性特有のがんに特化した保険

「がん保険契約件数No.1(平成15年~平成30年 ※)」と謳われている「生きるためのがん保険Days1」のレディースプラン。

初めて「がん(悪性新生物)」と診断確定されたら500,000円、「上皮内新生物」と診断確定されたら50,000円の診断給付金を一時金として支払われ、「がん」での入院・通院は所定の条件に該当すれば特定診断給付金を500,000円、一時金として支払われます。

三大治療の保障も用意されており、「がん」と診断されてから必要となる治療費や入院費などに充てられる費用を受け取れます。

がん治療が長引いた場合、所定の条件に該当すると、以後の保険料の免除してくれる「特定保険料払込免除」もあります。

特約は「外見ケア給付金」と「緩和療養給付金」、がん治療で幅広くカバーしてくれます。

このように、プランに組み込まれた主契約や特約は「生きるためのがん保険Days1スタンダードプラン」と同じになっています。

レディースプランはこのスタンダードプランに、女性がん特約として、「がん」治療を目的に、乳房観血切除術、子宮全摘出術、卵巣全摘出術を受けたときは200,000円(1回につき)、また乳房観血切除術を受けた乳房について乳房再建術を受けたとき500,000円(1回につき)を支払うというものがプラスされています。

※アフラック公式サイト:
https://www.aflac.co.jp/soudan/annai/flow/

デメリット

上皮内新生物(小さながん)の場合、保障が10%に減額

給付金には「がん」と「上皮内新生物」で差があるものがあります。抗がん剤治療給付金、ホルモン剤治療給付金、がん先進医療給付金、がん先進医療一時金、特定保険料払込免除については、上皮内新生物は対象外となっており、注意が必要です。

10年更新の特約がある

保障の保険期間は基本終身ですがすべてというわけではなく、抗がん剤治療給付金、ホルモン剤治療給付金、がん先進医療給付金、がん先進医療一時金、外見ケア給付金・緩和療養給付金は、10年更新になっており、「女性特定ケア給付金」と「乳房再建給付金」も10年更新。10年後、保険料が上がることに注意です。

生きるためのがん保険Days1レディースプランの見積もり・ネット申し込みの手順

見積もりに必要な入力情報

生きるためのがん保険Days1レディースプランの見積もり画面1
参照元:アフラック(https://www.aflac.co.jp/gan/ladysdays1/detail.html)
  • 年齢
  • 性別
  • 保険料払方タイプ
  • 特別保険料率に関する特則

見積もり画面

上記4点を入力すると、「レディースプラン」と表示された見積もり一覧が登場します。一般に特約とされることが多い放射線治療給付金や抗がん剤・ホルモン剤治療特約、女性がん特約、がん先進医療特約などは、この「レディースプラン」に標準設定。特約を外したり、特約の保障額を変更したりしたい方は、窓口や電話で相談のうえ、オリジナルでカスタマイズした内容に変更することもできます。

オプションについて

頭髪が脱毛した場合に給付金が支給される「外見ケア特約」と、緩和ケアを受けた際に給付金が支給される「緩和療養特約」を別途オプションとして付帯させることができます。

40歳女性の保険料見積もりシミュレーション

コース名 月々の保険料
レディースプラン
(入院給付金日額10,000円)
5,430円

申し込み方法

申し込みを希望する方は、アフラックの窓口にて手続きをすることができます。またwebや電話にて資料請求をすると、届いた資料の中に申込書が同封されているので、この申込書に必要事項を記入のうえ郵送で手続きを完了させることも可能です。

生きるためのがん保険Days1レディースプランはこんな人におすすめ

女性特有のがんに手厚い保障を探している

なんといっても女性特有のがんに対し、手厚く備えたい人におすすめの保険です。女性がかかりやすいがんは乳がんをはじめ、子宮がんや卵巣がん。女性がんの手術治療給付金や乳房再建術給付金は、あった方が絶対に良いでしょう。もし奥様が悩んでいるようなら、是非加入することをすすめてあげてください。