がん保険の落とし穴

ここでは給付金が減額になるケースや、保険に入っているのにがんの保障がおりないケースなどをご紹介します。ご自身が保険を必要としたときに困らないためにも、保険に加入する際には加入条件や支払い条件を確認しましょう。

こんなはずでは…がんの保障がおりない3つのケース

ケース1:保障の対象外になり減額・全く支払われない

がん保険の中には、がんと診断された場合に受け取れる「がん診断給付金」を特約として付けられる商品があります。しかし特約を付けていたのに、がんと診断結果によっては「がん診断給付金」が受け取れないケースもあります。

それは早期発見で「上皮内新生物」でがんと診断された場合です。この場合、保険会社によって「減額または支払い対象外」になることがあります。もし不安があるようなら「上皮内新生物」の場合でも満額受け取ることができる商品を選ぶと安心です。

ケース2:告知違反や責任開始日期間外になる

がん保険に加入する際には、被保険者の既往歴や健康状態を告知する必要があります。ところが、告知を正しくしていない、または偽りの内容を告知した場合、給付金が減額または受け取れなくなる可能性があります。

また、がん保険には加入してから約90日の間にがんと診断された場合、給付金を受け取れない免責期間もあります。免責期間中にがんと診断された場合、がん保険に加入してもがん治療の給付金は一切受け取れないのです。

ケース3:支払条件に当てはまらない

がんと診断された場合の給付金の支払い条件と回数は、保険会社によって異なります。がん保険を選ぶ際には、十分に確認するようにしましょう。例えば、初回にがんと診断された場合、保険会社の所定の診断確定条件を満たすとがん診断給付金がおりる場合がほとんどです。

ところが、がんが再発するケースでは、1年~2年経過後にがんと診断された場合に限ったり、給付金の支払い回数を5回までに制限したりしている保険会社もあります。

がんの治療費の支払いに不安のある方は、がんを患った際にがんの診断が確定された時点で診断給付金がおりる保険を選んでおけば、経済的・精神的な負担を減らせます。がんと診断で確定されまとまったお金を受け取れると、治療の幅が広がる可能性があります。長期に渡って加入するがん保険だからこそ、最新の治療を受けられるように十分な保障にしておきたいですよね。

FPからのコメント

万が一に備えてがん保険加入する人は多くいます。しかしがん保険の保障を受けられると思っていたのに、条件によっては給付金の減額や金額そのものが受け取れないことも。

がん保険には、給付金の支払い条件や保障される条件があらかじめ定められています。契約書の内容をすべて確認する人は少ないかもしれませんが、確実に保証を受けたいと考えているのであれば、必ず確認するようにしましょう。

なお給付金などの保障は特約として付加する商品がほとんどです。すべての特約を付けていると保険料の負担は大きくなります。ライフステージに応じて、今の自分に必要な特約を付けるようにしましょう。

がんにかかるお金のその他のトピックをチェック