がんの放射線治療でかかる費用

がんの放射線治療には、一体どのくらいの費用が必要になるのでしょうか。目安を解説していきます。

がんの放射線治療にかかる費用の目安はどれくらい?

がんの放射線治療は1回1~2万円が目安

がんの放射線治療を1回受けるためには、保険適用で1~2万円の費用が必要です。しかし1回で治療が終了することはほとんどありません。合計30回前後の治療を受けることになり、治療全体の合計で約30~60万円程度となります。

先進医療を選ぶとがんの放射線治療は高額に

先進医療である重粒子線治療、陽子線治療を行う場合の費用は全額自己負担となります。この場合、300万円ほどの高額治療となることも少なくありません。

入院費用は必要ないことがほとんど

がんの放射線治療は通院で受けることが多いので、入院費用が不要になることが金銭的なメリットです。先進医療を選択しない限り、数日間の入院をして手術を受けることと比較すれば、多くの場合で安価な治療方法となります。

放射線治療でがん保険の給付金はもらえるか

「がん放射線治療給付金特約」で給付される

がん保険には「がん放射線治療給付金」という特約が用意されており、特約を付帯させた場合に給付金を受け取れます。がん保険の基本プランだけでは受け取れない可能性が高いでしょう。

がん放射線治療給付金の給付条件と給付額

がんの放射線治療で給付金を受け取るための条件は、がんによって所定の放射線治療を受けることです。1ヶ月に1回の給付となりますが、通算限度に制限が設けられていないことも多く、心強い存在となります。

先進医療の放射線治療も給付対象

高額な治療費が必要となる先進医療も、がん保険の「先進医療特約」を付帯させることで給付の対象となります。先進医療特約は給付金通算限度額が2,000円に上るがん保険も多く、全額自己負担となる重粒子線治療などを受けた場合に金銭的負担が大幅に軽減されます。

がん放射線治療特約で治療費用の不安をなくそう

がんの放射線治療費用は1回につき1~2万円と安価に感じられますが、複数回の治療が必要となり、合計で60万円ほどとなることも珍しくありません。また先進医療である重粒子線治療を選択した場合、300万円近くの治療費用が必要となることも。

しかしがん保険にがん放射線治療特約を付帯させていれば心配ありません。万が一に備えてよく比較検討し、特約を付帯させたがん保険に加入しましょう。

がんにかかるお金のその他のトピックをチェック