がん治療時に適用される健康保険について

医療

風邪を引いてしまって病院で診察してもらったとき、医療費を支払います。

ご存知の通り、この支払った医療費は一部で、残りは国が支払ってくれています。いわゆる「保険診療」と呼ばれる制度です。

では、がん治療をする場合、この制度が、どのように活用されるのか?など基本的な部分について触れていきます。

基本的には3割負担で治療することができる

がん治療に関しても、風邪の治療と同様に、基本的には3割負担で治療することが可能となっています。

つまり、病院側へ健康保険証を提示することで3割の自己負担にすることができるわけです。

余談ですが、治療したときに健康保険証を忘れてしまい全額支払った場合でも、後日、提示すれば7割のお金を返してくれます。

国民健康保険の保障外となる治療とは?

がん治療と一言で言っても、さまざまな治療法があります。部位によって治療法は異なりますし、ステージの進行具合によっても治療法は異なります。

そんな中、国が認可していない薬や治療法で、がんと闘う人もいます。この場合、国民健康保険の保障対象外となるため、治療費は全額負担となります。

このように、国民健康保険は、どのような治療や薬であっても7割を負担してくれるわけではなく、国が認めたものだけが対象となります。また、治療中に発生する雑費なども、残念ながら対象外となります。

ということで、具体的に、どのようなものが対象外になっているのか?を以下にまとめていきます。だからこそ、がん保険を活用して、少しでも自己負担額を軽くしていくのです。

認可されていない先進医療

いわゆる最新医療で、まだ研究段階だったり、国が確認中だったりなど、治療として確かなエビデンスがない場合は、保障対象外となります。

薬などは治験が進みにくいこともあり、海外では認可されているのに、日本では認可されていないというケースは多くあります。したがって、藁にもすがる思い、このような薬を使って高額な医療費を支払う人もいるわけです。

差額ベッド代

入院したときに個室など病室で過ごしたときの追加分の費用です。

交通費

通院する場合の交通費だったり、お見舞いに来てくれた友人・親族などの交通費は含まれません。

消耗品

入院中に利用するパジャマや下着、その他、生活用品なども含まれません。

事業補填

自営している場合など、がん治療によって収入が減って分は補填してくれません。

高額療養費制度など治療費が返ってくるケースもある

高額療養費制度とは、1ヶ月にかかった医療費が高すぎた場合に、国が変わりに支払ってあげますよという制度になります。月収に応じて、負担する額は異なるため、各々で確認するようにしてください。