20代のがん保険

ここでは、20代におけるがん保険の必要性について解説します。他の年代に比べ、決してがん発症のリスクは高くない20代ですが、そうとは言え、がん罹患率がゼロというわけではありません。保険料も安いことから、不安な方はがん保険への加入を検討してみましょう。

20代で考えられる病気のリスクは?

病気に悩む20代男性

20代での発症リスクがある代表的な病気について、確認してみましょう。

20代女性の場合

子宮頸がん

子宮頸がんとは、子宮の入口である子宮頸部に生じる悪性腫瘍のこと。ヒトパピローマウイルスというウイルスが原因で発症します。このウイルスは性交渉により子宮頸部にウイルスが侵入することにより感染する病気です。30~60代の幅広い年代に見られる病気ですが、近年では、20代女性における発症率も上昇してきました。これは性行為の若年化が原因とも言われています。

子宮筋腫

子宮筋腫とは、子宮に生じる良性腫瘍のこと。妊症や流産の原因になることもあります。貧血や痛みを伴う場合と無症状である場合があります。

腫瘍が大きくなった場合には手術で治癒を目指すしかありませんが、腫瘍が小さい段階では、ホルモン療法などの内科的な治療でも治癒を目指すことが可能です。早期発見・早期治療が望まれる病気です。

20代におけるがん保険の必要性

男性であれ女性であれ、20代という若い年代では、がんの発症リスクが高いわけではありません。しかしながら、20代のがん発症率がゼロではないことも事実です。

20代におけるがん保険の必要性について、男性・女性に分けて考えてみましょう。

20代男性の場合

20代男性は、20代女性に比べるとがんの罹患率は低めです。白血病や胃がん、前立腺がんなどを発症する20代男性もいますが、全年代の中では、それら発症率も非常に低いと考えてください。よって確率的な観点で考えれば、すべての20代男性においてがん保険が必要である、とは言えません。

遺伝的に不安のある人や、万が一のために備えておきたいという人は、ぜひがん保険を検討してみましょう。

20代女性の場合

意外かもしれませんが、50代までは、男性よりも女性のほうが、がんの罹患率は高めです。国立ガン研究センターが2011年にまとめたデータを元に算出すると、約1.7倍も男性よりも発症率が高いのです。(参照:国立ガン研究センター「最新がん統計」)

発症率が上昇してくるタイミングも、男性の30代に対して、女性は20代後半からと早め。家系的・遺伝的な要素も考慮のうえ、働き盛りの20代女性はがん保険への加入を検討し始めて良いでしょう。

各種あるがんの中でも、特に子宮頸がんは20代から罹患率が上昇してきます。保険の加入とともに、健康診断や人間ドックでのチェックも非常に大切です。

20代のがん保険の選び方

保険を案内する女性

不安な人は入ったほうが良い

一般的に考えて、中高年者に比べると、20代の人ががんを発症する確率は低めです。よって、無理にがん保険に入る必要はないでしょう。

ただし、がんの原因には遺伝が含まれていることも事実のようです。家系的に若年性のがんが不安な人は、念のため、がん保険に加入しておいたほうが良いかもしれません。さらに、女性に関しては遺伝以外の要因でがんを発症するリスクがあるので男性以上に保険のことを真剣に考える必要があると言えるでしょう。

「うっかり入り忘れていた!」に注意する

がん保険に加入する予定だったものの、仕事やプライベートなどが忙しいあまり「うっかり入り忘れていた!」という人もいるようです。

当然のことですが、がんと診断されてから慌ててがん保険に加入しても、治療費や入院費等の保障はされません。がん保険に加入することができない可能性もあります。家系的な理由やなどでがんが不安な20代の人は、少しでも早く加入したほうが保険料は割安になる、ということも考慮しつつ、すぐにでも具体的な行動を起こすようにしましょう。自分は大丈夫と思っていてもストレスや環境的要因でがんを発症するかもしれません。

どんな方であれ保険の仕組みを知るべき時期

がん保険への加入を検討する人であれ、当面はがん保険を必要としない人であれ、どんな人であっても、早めにがん保険の仕組みを知っておくことは大切です。健康で若いうちにがん保険に加入することで月々の保険料も安く抑えることができ、総払込保険料を抑えることも可能になるのです。いざ保険に加入するという場面になり、より適切な商品選びをできるよう、当サイト等を通じてがん保険の仕組みを十分に理解しておきましょう。

ページ監修者(みうさん)

ページ監修者

ペンネーム:みう

大学卒業後、1年間大手保険会社にて損害保険や生命保険と医療保険を取扱う提案営業に従事したのち、ライターに。独学でFP2級(2017年9月)とAFP(2018年3月)を取得し、「保険はよく分からない」を少しでも解消することをモットーにライティングをおこなっています。