年齢別にみるがん保険

年代別におけるがん保険の必要性

20代とがん保険

多くの20代にとって、がん保険は加入必須の保険とは言えません。なぜならば、30代以降の世代に比べ、20代におけるがんの発症率は非常に低めだからです。

もちろん、発症率が低いからと言って加入が不要と言うわけではありません。ただし、かりに加入する場合でも、月々の保険料の支払いを考慮し、無理な保障内容にする必要はないかもしれません。遺伝的なリスクを考慮し、不安な方は加入しておいたほうが良いでしょう。

20代のがん保険の選び方をチェック>>

30代とがん保険

40代以降の世代に比べると、がんの罹患率は低めの30代。ただし、罹患率が低めとは言え、30代になったら積極的にがん保険への加入を検討すべきです。なぜならば、万が一30代でがんを発症した場合、周りへの影響がとても大きいからです。

晩婚化・未婚化が進んだ昨今とは言え、男女ともにほとんどの人が30代までに結婚しています。子供のいる30代世帯も多いことでしょう。職場はもとより、家庭への甚大な影響を考えると、男女問わず積極的にがん保険への加入を考えるべき世代です。

30代のがん保険の選び方をチェック>>

40代とがん保険

40代におけるがん保険への加入は、もはや必須と考えるべきでしょう。なぜならば、40代から急激にがんの罹患率が上がり始めるからです。加えて40代は、職場においても家庭においても、非常に大きな責任を背負った立場だからです。周りへの影響が大きい責任世代として、がん保険への加入は必須と考えたほうが良いでしょう。

がん保険への加入とあわせて、がんを予防するために生活習慣を見直すことも大事。自分の人生が自分だけのものではないことを理解した判断、行動が望まれる世代です。

40代のがん保険の選び方をチェック>>

50代とがん保険

50代になると、身近にがんを発症した人を見ている可能性も高いでしょう。その影響から、がんはリアリティのある病気と感じられているはずです。すでに、がん保険に加入している方や、早めにがん保険に新規加入したいと考えている方も多いと思われます。

がん保険の新規加入や見直しを検討する際には、保障内容をよく確認してみてください。手術や抗がん剤治療、放射線治療のほかにも、できれば先進医療の保障が付帯しているがん保険がおすすめ。がん治療は、刻一刻と進化しています。時代に合わせたがん保険を選ぶようにしましょう。

50代のがん保険の選び方をチェック>>

60代とがん保険

がんによる死亡率は、60代から急激なカーブを描いて上昇します。よって、すでにがん保険に加入している方も多いことでしょう。

60代に入ってからがん保険の新規加入を検討したり、または別のがん保険への見直しを検討したりする場合には、第一に、60代からその保険に加入できるかどうかを確認してください。当然ながら、年齢条件をクリアしていなければ、新規加入も乗り換えもすることができません。

加えて、保障内容をよく確認することも大事です。先進医療保障が付帯しているかどうかも、きちんと確認するようにしましょう。

60代のがん保険の選び方をチェック>>