プロフィール

菱川 貞義(ひしかわ さだよし)

sada1.jpg

講談社こども美術学園講師、印刷会社、デザインプロダクションを経て、1989年広告会社(株)大広に入社。デザイン、コピー、プロモーション、プランニングの仕事をしながら、地球環境プロジェクトチームとして滋賀県・NTT共同プロジェクトに参画し、「市民参加型情報ネットワーク」の社会実験として「びわこ市民研究所」を運営。社会課題の解決を目的としたコミュニケーションとつなぎ手技術を磨き、地域環境保全活動を支援してきた。

いっぽうで環境問題の根っこに食と農が深くかかわっていることを確信するようになり、環境に負荷をかけない農法をさまざま体験して行き着いた自然農を2006年から実践。2008年には「275研究所」を社内ベンチャー組織として立ち上げ所長に就任。企業のCSRプロジェクトのコンサルティングや、多様な主体の恊働によるソーシャルビジネスの開発、コーディネートなども手がけている。

そして、2012年、農村再生に寄与する協働ビジネス開発をミッションとするNPO法人いのちの里京都村を設立し、理事長に就任。2014年からは本願寺派研究所・他力本願.netのプロジェクトに参加し、まちづくり、セミナー、ワークショップ等を行っている。

自然農を続けるなかで、さらなる根っこの問題に取り組んでいて、そのひとつとして1000年続く地域づくり活動がある。

 

【所属する組織】

275研究所所長

講談社こども美術学園講師

自然農実践者(元赤目自然農塾生)

NPO法人 いのちの里京都村 理事長

びわこ市民研究所 編集長

NPOパープルアイズ 理事

滋賀メソッド開発研究会主宰

エコによしスタイル(流域エコポイント)研究会主宰

NPO法人 合意形成プロセスマネジメント協会会員

NPO法人 びわ卓 副理事長

など

 

【主な実績】

コープこうべ「70周年記念事業・CI事業」企画・実施

村田機械「ムラテック ヒューマン・トーク(科学者講演会)」企画・実施

京都市小学校・幼稚園環境教育プログラム制作

神戸市「地球環境フェア '93」主催者企画・実施

京都市「京都COP3」コンサート主催者企画・実施

NTT生活環境研究所「びわこ市民研究所」(市民研究所構想)企画・実施

岩手・風と生命のワークショップ企画・実施

「第3回世界水フォーラム」ヨシテーマ展示イベントの企画・実施

浜大津こだわり朝市の企画・設立

第4回OAAA広告研究論文金賞受賞

ネット合意形成支援ツール「WAKARU」発明

ZAQ「もっと家」サイトコンサルティング・企画・実施

「よき社会づくり」コミュニケーション事業「275」プロジェクト開発

ソーシャルメディア「ジアスニュース」企画・開設

京都府・いのちの里 京都村ブランド企画・創設

滋賀・びわ湖ブランド戦略 コンサルティング

日本の元気なきずなプロジェクト企画・実施

1000年つづく持続可能経済システム開発

本願寺派研究所・まちづくりプロジェクト

本願寺派研究所・常識のカベ連続講座

ほか